?呟き…(-。-)y-゚゚゚6月30日

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

?呟き…(-。-)y-゚゚゚6月28日 2009-06-28 16:10:53

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

マイコー

いやぁ、それにしても…
マイコーの訃報newsはちとビッ栗田貫一でありました。
(栗貫もよくマイコーの物真似してたな…。)

ほで、特別なマイコー信者ってなわけではありませぬが…
慎んで、ご冥福をお祈りいたします(合掌…)

マイコーの曲は"ですこ"に夢中になっていた時代によく聴いてましたなぁ。
やっぱ…よく聴いたり…目にしたのは、「Thriller」「Beat It」「Billie Jean」の3曲になるわけだけど…ヾ(^_^;)

個人的には「Thriller」より「Off the Wall」の方が好きだったな。
(または、ジャクソン5の頃の声が素晴らしいと感じる♪)

ほで、「Thriller」を見て…
「バンパイヤ」のパクリか?と思ったのは…
俺ぁだけではないしょう♪ ヾ(~O~;)






で、マイコーの事をいい機会だと思い…
色々とググったりしてたわけですが…(^_^;)

変身してますなぁ。
一体、マイコーはどこを目指したんだろ?

鼻のコンプレックスとか…
皮膚の色素が抜ける難病とか…
色々と噂されていますが…
騒がれた本人は相当なストレスだったろうなぁ ヾ(-.-;)
お疲れ様でした。
ほで、こんなの見つけたので参考に。
(分かりやすく変化してます)





因みに…
俺ぁはアルバム「Thriller」の頃が一番格好良かったと思ってます♪

しかし、もうちょいと上手い先生はいなかったんだろうか?
あまりに酷いっす。(´~`;)
ビューティコロシアムに招待してあげるとよかったのに…。

俺ぁは、整形容認派です♪
コンプレックスで凹むくらいなら、工事しちゃえばいいと思っちゃいます。
まぁ、マイコーみたいなリスクも考えなきゃ駄目だとは思うけど…。


何だかんだ、勝手に呟きましたが…
マイコーがキングオブホップと言われるのに異存はございませぬ。

ぁぁ…ムーンウォークをやって何度も笑われた事が忘れられません。(-.-;)

サヨナラ、マイコー!

偉そうにお笑いを語ってみたい〜♪ ?

20277491.jpg


さぁ、ずいぶんと間隔が開きましたが
やっとお笑い第二世代まで来ました♪
ほで、お笑い第二世代=漫才ブームではないみたいですなぁヾ(~O~;)
ややこしや~ ( ̄ー ̄?).....大雑把に考えて、「オレたちひょうきん族」の頃まで
活躍した芸人みたいですね ヾ(~O~;)

(これまた、エラク抽象的でアバウトやなぁと思いますが…
ま…まぁ、小ちゃい事は気にせず語りましょう。) `s(・'・;)

ほいじゃ…漫才ブームの話から♪
漫才ブームはまさに茶々がバリバリの高校生?だった頃に
始まった一大ムーブメントであります。

欽ちゃんファミリーの視聴率神話が崩れて、テレビのお笑い界に隙間が見えた頃に…
『ザ・マンザイ!』とか言う怪しげな特番が出て来たんですな…確か。 `s(・'・;)
(どこが仕掛けたんだろう?吉本興行かなぁ?)

まぁ、きっかけはもしかしたら違う特番があったようにも思うけど、
漫才ブームを広げたのは『ザ・マンザイ!』や『花王名人劇場』という番組でしょう♪
この辺りから現在、三十代の方もリアルタイムに知っているのかな?(笑)

ほで、パッと思い浮かべるだけで数多くの芸人が活躍してまして…
「ツービート」「やすきよ」「阪神巨人」「のりおよしお」「ザ・ぼんち」「赤信号」「ユートピア」
「いくよくるよ」「やすこけいこ」「セントルイス」「ヒップアップ」「サブローシロー」その他大勢。

その中で際立って斬新に思えたのは漫才では『B&B』と『紳助竜介』かなv('▽^*)
(あくまで茶々目線の話です。)

ツービート(たけし)は昔ながらの漫才に思えたなぁ…。
毒舌!は、ちょい斬新だったけど、ボヤキ漫才『人生幸朗』の方がネタは面白かったヾ(^_^;)
『責任者、出て来ぉい!』ちゅう奴です(笑)

漫才以外では『さんま』とか「鶴太郎」「嘉門達夫」「所ジョージ」「竹中直人」「物真似四天王」
とか…も第二世代なんでしょうなぁ。
あぁ…「山田邦子」とか「小柳トム」もそうかなぁ ヾ(~O~;)


ほで、まだ笑いが取れて人気があるうちに将来像を計算して
途中からポジションや方向を変えた連中が最終的にあの時代の芸人では
勝ち組って事なんでしょうか?(-.-;)

ただ、がむしゃらに笑いを追求するだけじゃ芸人としては一流かもしれないけど…
テレビタレントとしては負け組って感じかなぁ…。(-.-;)


実はこの仕組み…は、サラリーマンの自分にも、
薄~く当て嵌まってるんですよね (-.-;)
それに気付かずに転機を逃しちゃ…リーマン界では勝ち組になれないのですよ\(^^:;)

あ、これは出世を考えた場合ネ♪\(^^:;)
あ~ぁ…俺ぁだ(汗)

島田紳助や片岡鶴太郎…竹中直人…小柳トム(笑)。
彼等はいち早く、レールを変えたよね。流石だ!
ぼんちおさむやヒップアップの小林なんかは俳優で成功したよね (^^)b

だだ最終的には…最初から最後まで真っ向から自分のスタイルを変えず、
逆にテレビ業界そのものを変えてしまった『北野たけし』と『さんま』は別格なんだろうなぁ♪

結局、『B&B』…島田洋七はブームに飲み込まれた感じになってしまいましたが…f^_^;
漫才というジャンルにおいては、あの時も…
そして現在も、『B&B』がNO1なんじゃないかなぁと思っている茶々です (≧ω≦)b

因みに茶々が好きだったのは『紳助竜介』 (^O^)
ただ…あくまで笑いに飢えた顔をしてた時代、漫才コンビ『紳助竜介』の紳助です。ヾ(~O~;)

下手くそだったけど、紳助バンドも聴いてやったぁ♪
↑めっちゃ上から目線です(^O^)


ところで…第二世代の彼らが作った代表的なお笑い番組と言えば、
冒頭でも記したように『オレたちひょうきん族』ですが…
忘れてはいけないのが『天才たけしの元気が出るテレビ』だよね~~~~。

この番組から、『的場浩司』とか『山本太郎』が出たのって…
20代の若い連中は知らないんでしょうなぁ ヾ(~O~;)

?… 第三世代へ続く~~~~~~~♪

川島なお美と言えば…ワイン? いえいえ、お笑いマンガ道場でしょう♪

ミスDJリクエストの初代DJだった…川島なお美が先日、披露宴をあげたようですな ヾ(^_^;)

g090753.jpg



ところで…知ってますかぁ?
彼女は…初めからあんなへんてこりんキャラじゃなかったんですよ!

その昔、伝説の流行語『チョメチョメ』を生み出した
『アイアイゲーム』ってクイズ番組のアシスタントだったのです(笑)

愛くるしい笑顔にミニスカート♪八重歯がチャームポイントの女の子だったのです。
茶々と同じスケベ親父だった山城新伍も超お気に入りでしたなぁ。(笑)

川島なおみ




冒頭のミスDJリクエストを聞くために
夜中にラジオのアンテナを伸ばして微調整したのを思いだします(笑)
(当時、北海道苫小牧と言う処に住んでいて文化放送がギリギリ聞けたのです)

いつから、あんな…へんてこりんキャラになってしまったんだろね? ヾ(-.-;)
お笑いマンガ道場の川島なお美も好きだったなぁ (-。-)゚゚゚(回想♪)
でも、彼女の中では『お笑いマンガ道場』って経歴は消されているようですなぁ…(悲)

お笑いマンガ道場(川島)   dead4.jpg




ワインブームに乗った頃?から怪しい感じになりまして…
イッちゃった感がありましたが、まずは無事披露宴も終わったようでメデタシ♪メデタシです♪

頑張れ♪


今、悩んでる事って たいした事ないかもしれない…な。





あなたはとても美しい

全ての始まりなんてのは極めて瞬間の事なのだ
全ての終わりなんてのも瞬間の事なのだ
時間がその都度いざこざを解決してきた訳でなくて
あなたが何でもない事に気付いただけなのでしょう

無責任でもいい 自分勝手でもいい
生きる命を どこの輩が責め立てられようか

すがりつくもの探してるのか
己を疑い怯えてるのか
孤独を越えたその瞬間の
その時のあなたはとても美しい

こんなもんだと腐らなくても
あなたはこんなに自由じゃないか
孤独にすらも酔いしれる程
その時のあなたはとても美しい

茶番

マジ歌…。 面白い o(^▽^)o

ゴッドタン 」 ってテレビ東京の番組…知ってますか?

その中でマジ歌選手権てのが あるんですが… ↓
ひとり

劇団ひとりが 茶々のツボを踏みまくってくれました。
久々に腹を抱えました ヾ(@^▽^@)ノ 狩野 英孝「50TA」以来です。




いやぁ…笑わせて もらった♪

人生に乾杯を…。



流行ってるんですね。 
昨日…知りました ヾ(^_^;)
歌っている人はコーヒーカラーて言うんですな。ヾ(~O~;)


ほで、突然ですが…
人にはそれぞれ『色』ってあると思うんですが…
今の自分の色は何だと思いますか?


もちろん、
生まれた時は純心無垢の透明なんですぞ♪(笑)



でも、まぁ…何十年と生きてれば…
純心無垢の綺麗なままではいられないわなぁ…。


様々な物や人に色々な傷を与えるだろうし…
また、傷を負わされる事もしょっちゅう…

無償の愛を欲しがりつつも…
打算的な愛を選択したり…

または人を裏切ったり…不貞の恋をしたり…
愛が強すぎて…憎しみと言う感情を持った事もあるでしょう。

体裁ばかりを繕う事を覚え…
本当の自分をさらけ出さない、ずるく生きる術も覚えた。

人は平等だと唱えながら…
どこかで他人と比べ優越感に浸れるところを探してたりする…。


こんな事を考えていると
何だか… 自分がアホくさと思ってしまいます (-.-;)

なんで、小さい頃のまま
素直に生きられなかったんでしょうかねぇ。ヾ(^_^;)

まっ、そうは言っても今の人生も悪い事ばっかじゃないけどさっ♪


て、事で…今の茶々の色は…
                        ふたご座の空

こんな感じの空の色でしょうか…ヾ(-Θ-:)
理想より、かなり暗かったりする。ダァァ~ッ!(ノ><)ノ

この青空のような青が理想的なんだけどなぁ…♪(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪
何とかなりませんかねぇ ヾ(-Θ-:)
                        青空


でもね… 何だかんだ 結局…一人ひとり…
 それなりに 味わいのある 色を身に付けるものなんでしょうねぇ♪

う~~~ん 

何が言いたかったのか 最後は 分からなくなりました。
さすが 駄文の俺様だ♪ (*`д´)b

今はもう… 出来ないかなぁ ?ヽ(´〜`;

のこのおもちゃ箱からスーパーヨーヨーを持ち出してみます♪ヾ(^.^;)

これでいち早く遊び始めたのは俺ぁ達の世代なのだよ f^_^;

ちびまる子ちゃんでもやってましたが、小さな町(当時は小樽~♪)にもアメリカチャンピオンがやって来たもんだ(笑)



↑とはレベルがずいぶんと違いますが『犬の散歩』とか『ブランコ』…。
胸の前で何回、回せるか?を競いましたなぁ♪
因みにスーパーヨーヨー(Colaの透明ガラス…ずっしり系の奴)じゃないと気分よく出来ない茶々でしたなぁ。ヾ(^.^;)


↓は龍馬殿のために探してみました ヾ(^.^;)
リアルスケバンは怖かったです。



因みにアメリカンなおもちゃと言えば…
アメリカンクラッカー(左)と呼ばれる物もありましたなぁ ヾ(^.^;)
これは…ムーデイ。いや鼠先輩…う~ん、どっちゃでもいいか!
まぁ、等と同じように、あっという間にブームが右から左へ流れ去った物であります ヾ(^.^;)

とにかく、
煩くて…痛かった…。
しかも、つまらない。

さらに数年後にこれの進化版の↓が(中央)出たが…煩いのは変わりなく、いや…誰でも簡単に出来るだけに一段と煩いという改悪ぶり! \(^^:;)
ケガはなくなったけど(笑)


もう一つ『ゲイラカイト』(右)という、一種の輸入物凧揚げも流行ったわけですが…
これは飛び過ぎて…けっこう大変な目にあった。
電線に引っかかり問題にもなったんたんですなぁ。
画像拾いに調べるともう1974年 35年も前になるんですなぁ。


アメリカンクラッカー  アメリカンクラッカー改良  ゲイラカイト


のこを始め…30代の連中は知らないんでしょうなぁ ヾ(^.^;)
…と言う事でのこのおもちゃ箱をちょいガサゴソと弄ってみました♪ (修正有)

今はもう… 出来ないかなぁ ヽ(´〜`;

押して90度…
引いて90度…
押して180度。

引いて…引いて…90度。
押して…押して…90度。

これ…

なんだか 分かります? ヾ(~O~;)






そうルービック・キューブの揃え方の曖昧な記憶です。(笑)
皆は…ルービック・キューブの6面を綺麗に揃える事が出来ますか? ( ̄ー ̄?).....??

実は先ほど…コメントの返事を書く際に「萩本欽一」についてググってたら…
欽ちゃんがルービック・キューブが得意だとか情報を見つけて何気に思い出していたのです。

ほで…揃えられない方に朗報が(笑)



これなら どう?


…って パンツ下ろすわけでは ありません ヾ(~∇~;)






どーなってるんでしょう? ∈( ̄o ̄)∋ ホーッ 素晴らひぃです♪



こ…これはっ w( ̄▽ ̄;)wワオッ!! 



えっと ルービック・キューブが出たのは 忘れもしませんよ♪
茶々が高校2年の時です。
本家ルービック・キューブが品薄になり海賊物もあったのです。(笑)
友達がバイクで事故った時など…見舞いに行くとルービックが二つ三つ…ゴロゴロ転がってたものですヾ(~O~;)

当時は本当に揃えられたんですよ (;^◇^;)ゝ

偉そうにお笑いを語ってみたい〜♪ ?

20277491.jpg

?に続き…お約束通り「萩本欽一」 欽ちゃんについて思うことを記してみます。
時代の区切り方がかなりアバウトですが…
全員集合ブーム後にお茶の間テレビの笑いを独占してたのは
欽ちゃんだったと記憶してます♪ヽ(´o`;

漫才ブームはその後…でしょ?

…と、こっから先はウィキ等のリンクは作りますが、リンク先記事は読まずに書き記すので
誤りがあったら笑って馬鹿にして下さい♪

まぁ、その頃とっくにコント55号ってのは存在してたと思うけど…
コント55号は人気あるお笑いコンビに過ぎなかったんだと思うんです。ヽ(´o`;
コント55号

パジャマ党の仕掛けた笑いは色々あるんだろうけど…
一時期、確かにテレビ界は欽ちゃん一色でしたなぁ f^_^;
間違いなく、ドリフよりリードしてたでしょ!

個人的には欽ちゃんのお笑いってのは…
めちゃくちゃ好きでもないけど嫌いでもないです。

なんで、そ~なるの?   です(笑)

何だかんだ言って『欽ドン!』は、バカウケだったし♪ (*^▽^*)
(ラジオ欽ドン!も、面白かった。ってか…もともとラジオから始まったのかなぁ?)←不明
ハガキ職人なんかの走りじゃないのかな?

テレビで芸能人のそれまで見られない素の部分を弄り始めたのも欽ちゃんからかもしれないですなぁ。
(ドリフの長さんも頑張ってたけど、アドリブは欽ちゃんの勝ち~♪だな)

因みに茶々と同世代の人しか分からんだろうけど
茶々は欽ドンシリーズ第一弾の『母と子の会話シリーズ』が一番オモロイと思う(^O^)

ほで当時、小学生だった香坂みゆきがマスコット的に欽ちゃんの隣に座っていて
とてもとても可愛かったのです。ヾ(~O~;)


次がシリーズ第二弾!の良い妻!悪い妻!普通の妻シリーズなのだ(笑)
中原理恵の笑いのセンスは群を抜いて光っていて…
茶々は普通の妻役の中原理恵に軽く恋心を抱いてしまった程だ(笑)

良い妻  悪い妻  普通の妻


ほで結局…その後は欽どこ…って言ったっけ?
続いていくわけですが、さすがに俺ぁは飽きてしまいました ヾ(~O~;)

あと…俗に言う欽ちゃんファミリーには興味ないっすが、
風見慎吾のブレイクダンス…痺れました♪




では…いよいよ次回は
ザ・マンザイ ブーム時代にトリップしましょう(笑) ごきげんよう さようなら♪

偉そうにお笑いを語ってみたい〜♪ ?

20277491.jpg


どうも。最近のお笑い番組で笑えなくなってきた者です (-.-;)


もうお笑い第五世代のブームも終焉を迎えようとしてるんだなぁと…
つくづく感じている次第であります。
めっきり姿を見なくなった芸人さん達も増えてますよね…。f^_^;
彼等が再び出て来るには、ダンディや有吉みたいに7~8年かかるのかもしれませんなぁ。

因みに…かの有名な漫才ブームの方々がお笑い第二世代なんだそうです。
詳しくは…こちら♪ お笑いブーム/Wikipedia

ほで…今回は勝手にお笑いを語ってみようかと思いました♪

まず…先のWikipediaの内容についてですが…。
茶々的には異論がありまして…
第一世代が幅広過ぎじゃないかと思ってしまいますな。(--;)

いくら何でも 落語や上方漫才の方々と 「クレージーキャッツ」や「ザ・ドリフターズ」とは
大きな違いがあるような気がしますなぁ。

クレイジーキャッツは断片的にしか記憶ないんだけど、『シャボン玉ホリデー』と言う、
今のバラエティーの基本を支えた人達でしょ♪ヾ(~O~;)



余談だけど…「シャボン玉ホリデー」はスポンサー探しに苦労して、
最終的に「牛乳石鹸」がしぶしぶ提供契約を結んだらしいけど…
視聴率が高くて、結果…大成功だったんだね。v(*'-^*)-☆ ok!!
シャボン玉ホリデー=牛乳石鹸はガキの茶々でも覚えたもんなぁ(笑)

このコミックバンドの流れが「ザ・ドリフターズ」なんだろうけど…
何と言っても、俺ぁ達の年代では加藤茶の存在…
その下の年代では志村けんの存在が大きかったよね (^O^)/

笑いのツボは計算されたワンパターンだったけど…
今みたいに毎日々々どこかしらの番組に出て来るって感じじゃなかったので、
それでも十二分に笑えた。(ハプニングも臨場感あったなぁ♪停電とか火事とか♪)

流行語なんかも「全員集合!」からずいぶんあったねぇ(~O~;)
「なんだバカヤロー」「1、2、3、4、やったぜ加トちゃん!!」
「ちょっとだけよ~。あんたも好きねぇ~」「どうもスンずれいしますた」「おこっちゃヤーヨ!」とか


因みに…
茶々個人的にはドリフの中では
元祖、弾丸ジャッキー?の仲本工事が無視出来ない存在なのでした。(笑)

また、知ってる人、いるかなぁ?
幻のドリフメンバー…『すわしんじ』も何故か印象深いですなぁ(笑)
怪しい笑い声やブルース・リーの真似をしてたのが特徴ですわ。f^_^;
ネットでちょい検索したら…意外?ドリフの付き人だったみたいです
shinji.jpg


んでも、ドリフターズの笑いってのは小学校低学年でしょ?
志村が入って、その傾向はより強まったし…
全員集合!は途中からは興味薄々になってしまった。
フジテレビだっけ…?「ドッ、ド、ドリフの大爆笑~♪」ってのは時間があれば見てたけど(笑)

?ではライバル…萩本欽一編に続く~~~~~♪

何だか…イライラする!


…久しぶりにプッツン(-_-#)と来た茶々です。

何を怒ってるの?
…と聞かれても、困るのですがf^_^;

皆…テキトー過ぎるのですよ。
この場合の『皆』は、これを読んでる皆さんではなく、茶々会社のSEやサポート…またまた関連代理店の人間等です(笑)

俺が1番テキトーでいたいのに…シッカリしなくてはいけなくなってしまうではありませんか♪ f^_^;

何なんでしょ(笑)
今の若い連中は… (-.-;)

ほで、それでなくても忙しくなってる中…
社内サーバー移行時に茶々の大切にしてたデータが消されてしまったのです (。。;)

何だかんだ…大騒ぎしましたが、結局は諦めなくてはならないようです。


また作り直しですな。

いやぁ…イライラモードで丸一日仕事したのは何年ぶりだろ f^_^;
お昼も何食ったか忘れちゃいました。


あ~ぁ…明日は夏季ボーナスの評価面談と言うのがあるんですが…悪かったら凹むだろうなぁ。

まっ、ボチボチでいいんで頼むよ!Boss♪ \(^^:;)