池袋「野口家」

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

新橋「チャーハン王」

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

オーラ(浅田真央)

オーラ(英: aura)とは、生体が発散するとされる霊的な放射体、エネルギー[1]を意味する。転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す[1]。現代日本では、人間の存在感や風格がある様子を指して「オーラがある」と表現することがある[2]。単に「人間の雰囲気」という意味でも使われる[3]。by  Wikipedia

さて…真央ちゃんが復帰してから、俄然と女子フィギュアが注目されてますなぁニコニコ

昨日の全日本選手権、表彰台はこの3人。


優勝は、新女王と騒がれ、ただ今絶好調の宮原知子ちゃん(17)  。 可愛いかどーかは人それぞれの好みがあるので断言出来ないが、小柄で安定度抜群の演技をするらしい叫び


2位はジュニア女王、樋口新葉ちゃん。(14)



ホンで…我等が真央ちゃんは、今のところ絶不調でありますあせる 真央スマイルの欠片もないのでありますガーン

ここだけの話、ちょっとだけ身体が重そうな気がするんだよねあせる休養明けの体調管理は、難しそうです叫び


それでも、 圧倒的なオーラに包まれているのは…やはり浅田真央なのだ!!
こりは、あくまでも俺ぁの勝手な感想だけど、宮原知子ちゃんや樋口新葉ちゃん、 本郷理華ちゃんではオーラが小さいんだよなぁドクロ

まぁ、取り敢えずは…
愉しそうに滑る真央ちゃんが見たいなぁ音譜
ホンなら、結果は後からついて来るんじゃないかなぁ~ニコニコ


そうそう、 ポスト真央ちゃんには本田真凛ちゃんに1票かなラブラブ

妹、望結ちゃんにも負けないオーラがあるよなぁラブラブ  今後に期待だねニコニコ



聖なる夜は…スガシカオ



久しぶりのお台場ガンダム。ニコニコ

25日の聖なる夜は…
SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015  『THE LAST』~生ライブ試聴会&ACOUSTIC NIGHT~ 東京公演に行ったど♪

未発売アルバムの試聴を兼ねた今回のLIVE、スクリーンに歌詞入りのイメージビデオが投影してくれたお陰で、めっちゃ楽しめましたニコニコ  大人な地上波放送自粛歌詞の新曲もgoodですなぁ音譜

ホントは26日のファンクファイヤーにも行きたかったんだけど…そったは外れちゃったので、最後のファンキーぶりは嬉しかったなニコニコ


↑こちら「一緒に写真を撮るとイイ事がありガス」という、スガシカオの分身"ガス カシオ"…

来年も、聴きに行けるかなぁあせる

全盛期チャンピオンのライバルはジャンプでしょ?


前記事に書いたように俺ぁがガキの頃、少年チャンピオンが全盛期音譜
ホンで…とライバルが少年ジャンプでしたニコニコ

せっかくなので、ジャンプの事も思い出してみたドクロ

「プレイボール」


創刊500号に釣られ、この表紙を選んでしまったが…この2週前で最終回だった模様ですあせる

でも、プレイボールの最終回って…五十嵐や井口が墨高に入ってきてさぁ…これからってとこだったんだよなぁあせる
魔球とかスーパースター(唯一、五十嵐君がそれに近いか?)も出てこない漫画だけど好きだったなぁ…ニコニコ

「サーキットの狼」



この漫画が、おそらくスーパーカーブームの火付け役だよねビックリマークでも、俺ぁはサーキットの狼よりもこの数年後に連載される「よろしくメカドック」の方が数段好きだったなぁ!!

「すすめパイレーツ」

出ましたI  チャンピオンに「マカロニほうれん荘」があったようにジャンプには「パイレーツ」があったんだよなぁ音譜

笑えるキャラが盛り沢山の漫画だけど…個人的には粳寅 満太郎とその親父さん、ホンで…馬留丹 星児が好きだったなぁニコニコ

「ロックンロールベースボール」
タイトルからして…野球漫画だと思われるがストーリーはおろか絵のタッチすら記憶にないのです叫び

ホンで…ググったところで、無茶な野球漫画といえば『ロックンロールベースボール』というのもありました。主人公たちはロックバンドをしながら野球もしているというありがちな設定でしたが、強烈に覚えているのはその対戦相手。仏教系の学校で、その応援がすごかった。スタンドの生徒たちはひたすらお経を唱え、応援団長はサングラスをかけたりしている主人公たちを見て「毛唐まがいの格好なぞしおって。末法の世じゃ~ぁ!」とか「ええい、畜生道に堕ちよー!」などと叫びながら応援をするのです。球場の雰囲気は異様そのもの(笑)。これらのフレーズ、現代ではまあ考えられません。その意味では当時の漫画はいろいろとパワーがありましたね。魔球は出てこなかったと思いますが、そこらへんの記憶は定かではありません(笑)。「畜生道に堕ちよー!」があまりに強烈でその他の記憶を消しています(笑)。


↑…と、こんな記事が見つかるくらいで…さっぱりです叫び
なので…めちゃくちゃ気になるロックロールですあせる

「ホールインワン」

可愛い女の子のパンチラショットで楽しませてくれましたなぁI音譜この漫画に出てくる女の子は皆、可愛いんだけど…その中でも特に波多野ちゃんかなぁニコニコ

「カラテいのち」
タイトルからして…空手漫画だと思われるがストーリーはおろか絵のタッチすら記憶にないのです叫び

ホンで…ググってたら↓こんな絵がヒットしました。

うーん…さっぱりです叫び

「さわやか万太郎」

この頃は本宮ひろ志の全盛期かなはてなマーク「俺の空」や「硬派銀次郎」と本宮キャラが溢れてた覚えがありますな音譜
本宮ひろ志の場合、どの漫画も主人公はとんでもないガキ大将なんだけど…万太郎も特に凄いのです。中学生にしてプロ野球選手以上のスピードボールを投げそうな勢いでしたよ叫び

「ドーベルマン刑事」

主人公、加納も勿論格好良かったけど…もう一人のドーベルマン、城が超格好えぇ~のだニコニコ ググってみたけど、画像とかはなかったです。残念かお
そりはそうと…数年前に「新ドーベルマン刑事」ってのが、あったんですなあせる
加納刑事…実は生きていたって事なんでしょうが…↑の殉職シーンが台無しのような気がしますよ爆弾爆弾

「朝太郎伝」

この前に連載していた「アストロ球団」があまりにも強烈だったんで、朝太郎伝はおとなしいもんなんですが…それでも中島イズムの漫画なので非常識なとこがサイコーですビックリマーク
ただ…あらすじとか忘れちゃったなぁあせる

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
今や国民的アニメになってしまった…「こち亀」 現在進行形の両さんは読んでないけど、漫画の方は初期の頃が最高に面白いと思うニコニコ

俺ぁが好きなのは、やぱし…戸塚金次。

俺ぁの年代では相当な人気キャラだとおもうなぁニコニコ


「東大一直線」

この漫画もそうだけど、お坊っちゃまくんとか…小林よしのりの漫画はどーにも俺ぁの好みには遠かった叫び でも、パープリンとかパーペキとかって言葉はこの漫画からだよねビックリマーク(笑)

「命MIKOTO」

↑こちらの漫画…残念な事に足りない俺ぁの
頭の中には残っておりませんIあせるググったところ、小室孝太郎という方の作品で…めちゃくちゃ評価が高いです。SF漫画の草分け的な存在だったみたい叫びその頃の俺ぁには難し過ぎる話だったのかなぁドクロ

「悪たれ巨人」

この絵のタッチを見ると、どーしてもヤマトとか銀牙あたりの犬シリーズを思い出してしまい…どちらかというと名作はそちらかなぁと思います。 まぁ、この漫画は少年野球が舞台なんで…俺ぁ的には近い年代だということがあったので面白かったかな   最終回は主人公の奴と阪神ジュニアのキャプテンがそれぞれプロ選手として戦う場面だったと思うけど…今や、現実にマー君と坂本とかがいるのが凄いやね叫び

「リングにかけろ」

車田正美はこれが売れたきっかけなんかなはてなマーク
リングにかけろの影響でパワーリストやパワーアンクルがけっこう売れたよね(笑)
初期のリングにかけろは最高に面白いと思うニコニコ  まぁ、途中からは何だかよく解らなくなっていったけど…ブーメラン最高でしたパンチ!

「警察犬物語」

確かにあったねあせるこの漫画…。
でも、ごめんガーン  内容はほとんど覚えてないやあせる

少年チャンピオン全盛期




前記事の「マカロニほうれん荘」の影響で、全盛期の少年チャンピオンが懐かしくなったので、取り敢えず、ネットで拾った表紙を参考に思い出してみた(笑)

「ドカベン」…今はドリームトーナメント編とかいうシリーズで、最終章として現役続行中らしいけど、凄すぎるわ(苦笑)

しかも…なんと今は、水原勇気が広島の投手としてマウンドに上がってるんだって♪I
(時代考証がぐちゃぐちゃなんかな?山本昌よりもレジェンドじゃんI)
木ノ内みどりが演じた水原勇気…懐かしいなぁ。

「月とスッポン」
柳沢きみおの漫画は、「翔んだカップル」の方が印象的だったかもしんない。この漫画はほのぼのとし過ぎていて、ほとんど記憶にないのですI

主人公とちゃうけど…この正平君がいい味、出してたねI

「エコエコアザラク」
こいつもチャンピオン全盛期を語る上では外せない作品だ。一応、ホラー漫画なんだけど…主人公の黒井ミサが可愛いかったりするのが良かったよねI

そうそう…古賀新一の漫画で、「幼虫」ってのがあったはずなんだけど…ありはキモ過ぎるのでトラウマ幼虫意ですI(要注意I)

「ガキデカ」
こりも「マカロニほうれん荘」と同じくギャグ漫画として伝説の作品ですなぁ♪


回によっては、腹をかかえたけど…俺ぁの中ではマカロニが数段上…。
ネットでググってたら…「中春こまわり君」って続編があるらしいので、今度読んでみようかなぁI

そうそう…話が変わるけど、「山止たつひこ」って名乗ってた秋本治の「こち亀」が大化けしちゃったねぇI

「ロン先生の虫眼鏡」
内容は全く覚えちゃいませんが…読んでいたのは間違いないI
多分、日本版ファーブル昆虫記みたいな奴だよねIホンでも、こういう漫画で得た知識が意外と多いかもしんないなぁI


「しまっていこうぜI」
そう…人事を尽くして天命を待つ。ってな言葉はこの漫画で初めて覚えましたI

キャプテンやプレイボールと並ぶ青春野球漫画の王道でしたなぁ。

主人公の沢村君の相棒、チビがいい味を出してましたけど…いつもピンチを迎えていたバッテリーでしたなぁIでも、 後半は覚えてないなぁ…

「らんぽう」


この漫画、全然記憶ないんだけど…
10年間連載して、全37巻あるみたい I

「ブラックジャック」

今回、ググってたら…意外なことにブラックジャックって棚ぼた的な迷作だったんですなぁI もともと4~5回で終わる手塚治虫のベスト版的な漫画だったそうな…。
それが今では、手塚治虫の亡くなった後も語り継がれる代表作だなんて…分からないもんですなぁI

まさにアッチョンブリケIです。
って、どーゆー意味だぁI

「ゆうひが丘の総理大臣」
ずっと前に記事に書いた記憶がありますが…こりはテレビドラマとして人気が出ましたなぁI藤谷美和子や岡田奈々が最強に良かった時代ですIまぁ、テレビ局的には中村雅俊ごり押しシリーズの1つだけどねI

原作の方は…嫌みがなく好きだったけど、エピソードの1つも覚えてないわ…I

「 750ライダー」
前も書いたけど、この漫画に出てくるピットインのような喫茶店のマスターに憧れていたオッさんです。I

750ライダーって、改めて思い出すと…主人公のキャラがずいぶんと変わったねぇI

↑こちらはネットからの拾い画ですが、俺ぁは委員長とのほのぼの青春物語もイイんだけど、初期のジャックナイフのような早川光物語が見たかったなぁI

「スーパー巨人」

謎だ…。

夢中になったかどうかは別として、この頃は少なくてもチャンピオン、ジャンプ、サンデー、マガジンとそれなりに手に取ったような気がするんだけど…スーパー巨人って、さっぱり記憶にございませんわI

野球漫画かと思ったくらいだわぃI
ググってみたら…パソコンハッカーの話みたいだねI この時代にパソコン漫画って凄いチャレンジャーだよなぁ…

「レース鳩0777」

レース鳩を題材にした漫画って…後にも先にもこの漫画しかないだろうから、新沼健二も愛読者の一人だったに違いないI

そういやぁ…この漫画でレース鳩の帰巣本能って知り、凄いなぁとも思った覚えがあるけど、会社の飲んべえ達の帰巣本能も凄いですわI

「花のよたろう」


うーん…こりも微妙に覚えがない。

ジョージ秋山の漫画は、どーにも微妙にハマんないだよねドクロ  でもね…多分、内容は濃いんだ。きっと…
当時、ガキ過ぎた俺ぁが悪かったのかもしんない。だって、「浮浪雲」とかヤバイくらい名作じゃん叫び





マカロニほうれん荘



↑こちら今の少年チャンピオン表紙であります。どデカくアップになってるのは、車田正美の「聖闘士星矢」 の新シリーズっぽい。

「聖闘士星矢」…車田正美って、ジャンプ系列じゃなかったっけ?I  まぁ、他は「ドカベン」がまだ現役続行中みたいですが…全然分からない漫画ばかりですわ。I

俺ぁがガキの頃、ジャンプとチャンピオンが2強だったんだよねI  もちろん、マガジンとサンデーもあったんだけど…どちらかというと後ろ二つはターゲットがもう少し上の年代だったんだと思うんだなI

ホンで…いきなり記事を書き始めた理由は
爆笑問題の太田光と田中裕二が「マカロニほうれん荘」を称賛 のnewsを見たからなんだよねぇ。。


トシちゃん、かんげきーっ♪

好きだったなぁニコニコ

いやぁ~ そう…
俺ぁ達の年代で知らない奴はいないんじゃないかと思いますなぁ。
あの頃は「マカロニほうれん荘」に笑わせてもらいましたわ。



俺ぁもきんどーちゃんの40歳をとうに越えたオッさんになってしまったなぁ叫び




そうそう…「ドラネコロック」の親父の年齢に近づいております叫び

鴨川つばめ…今、ネットでググってたら当時は色々と大変だったみたいだねあせる それにしても、今一度…脚光を浴びて欲しいなぁ…トシちゃん。



その通りです爆弾


shoutしてぇ~!

おんぶ(再アゲ)

合点オミ2
ザ・茶番 合点オミという人の書く詩が たまらなく好きな私です。

大好きな仲間と自分に応援する気持ちで…。




「おんぶ」

結論! 過去は消えません! おしまい!

極論! 忘れられません!     おしまい!

忘れさせてくれる人なんかいません!

忘れたなんて 言える時は来ません!



忘れるべきは 「忘れようとした気持ち」の方で

人に負ぶさるばかりで

己すらもおんぶできないでどうすんの?


ヨッコラショ! ヨッコラショ!


失敗は失敗でいいや  成功の元なんかいらないや

小さな俺の 更に小さな醜い部分は

俺が背負っていけばいいや

出来た人にはならなくていいや


ヨッコラショ! ヨッコラショ!


たいして重くないや



揉み消すべきは「揉み消そうとした意識」の方で

人を崇めてばかりで

己すらもヨイショできないでどうすんの?


背負ったものがデカイ程 我は強くなっていく


失敗したら認めればいいの

かっこいい事言わなくていいの

全部忘れたら あんたいよいよ本当の馬鹿だよ

みんな背負って生きるしかないの

汚れたのはあんただけじゃないの

君を背負ってよりたくましく 美しくなっていけ


美しく......


           <ザ・茶番>濃縮茶汁より >

おんぶ